当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

看護大学に行った方が、4年生の時に目指す1番人気の資格が「保健師」です。

保健師は、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と定められている資格です。
具体的には、疾病の予防や健康増進などの知識を習得する事で、保健所の利用者や学生などに対して保健師の肩書きで指導する事ができます。

ここでは、保健師の資格について紹介してします。

保健師の資格を取るには

保健師の資格を取るには、4年制の看護大学へ通う必要があります。看護師の資格を3年で取得した後、大学4年の時に保健師の資格を目指し、国家試験に合格する事で取得できます。

助産師と同じで、正看護師を3年で取得し、4年生の時に保健師を目指す学科を先行する事で受験資格を得られます。そのため保健師のほとんどは、大学卒業時に資格を取得します。

なかには大学在学中の国家試験に合格できずに、一度看護師で働きながら再度受験をする方もいます。専門卒や、大卒で保健師ではなく助産師など別のコースを選ばれた方でも、大学に編入する事によって資格取得する事ができます。

保健師の種類

保健師は主に次の3種類に分類されます。

  • 行政保健師
  • 産業保健師
  • 学校保健師

それぞれの保健師の勤務先と働き方について紹介します。

行政保健師

都道府県や市町村が運営する保健所、保健センターなどで勤務します。公務員ではありませんが、役所から直接雇用をされるので、公務員と同等に安定しますし、残業もほとんどなく17時退社が可能です。

仕事内容は、保健所の通常業務の他に、その地域が行う検診の介助を行います。ここで言う検診とは、保健所や市町村などが主催する、乳がん検診や乳児検診、予防接種などが挙げられます。

産業保健師

産業保健師は、看護師転職サイトなどでは「企業ナース」と称されています。主に企業の中の医務室勤務になります。

仕事内容は従業員の体調不良や、ちょっとした怪我の診察や手当を行います。医務室を完備している企業は大企業がほとんどで、給料も高く、ボーナスもしっかり支給されます残業もなく、土日祝日休みで、夜勤もないので好条件が揃った人気の就職先です

学校保健師

学校保健師は、俗に言う「保健室の先生」です。学校の保健室で勤務して、生徒や職員が体調不良を訴えた時や、怪我をした時に診察や手当を行います。

学校保健師は、必要に応じて保健の授業を生徒に対して行う事があります。通常の保健の授業は、保健体育を担当している教員が行いますが、年に数回程度、保健師が性教育や衛生管理についての授業を実施します

仕事内容も楽で、学生と触れ合える活気ある職場なので人気が高い職種です。

活躍の場が広がっている保健師

紹介している通り、保健師は保健所、企業、学校の3つが主な勤務先ですが、近年はNGOなどに属して、海外で活躍する保健師が増えています

海外で発展途上国に向けて、性教育や衛生教育などの指導を行うなど、保健師の活躍の場所は広がりを見せています。

保健師の給料相場

給料は、業務内容や雇用主になる市区町村や企業によって違いますが、平均的には総合病院で働く看護師と同等水準か僅かに高い程度です

同じ大学4年生の時に取得できる助産師や救急救命士の職種と比較すると、給料は少ないです。

保健師の魅力は医療の最先端で働いて高給取りになる事ではなく、都道府県や市区町村が運営する学校や保健所など安定した仕事に就ける事や、残業がなくて仕事内容が楽な就職先が多い事です。

保健師資格所有者のインタビュー

保健師の資格を保有して、総合病院で勤務する看護師の方に話を聞いてきました。

なぜ保健師の資格を取ったのですか?

看護師のキャリアアップの事も考えて、4年制の看護大学に行きました。大学へ進学した目的は看護師になる事でした。4年生の時に目指す資格を選ぶ事ができますが、助産師などの他の資格は若いうちから、その道に進んで経験を積み上げていく事が必要な資格です。

保健師は、30代や40代などの年齢に関係なく、資格さえ持っていればいつでも就職できる仕事があります。

一部では、保健室の先生に憧れたり、公務員になるのが難しいから保健センターでの勤務を目指している方など、保健師になりたくて資格を取る方もいます。私の大学の同級生の中では、大半は「大学に行ったら、看護師ともう一つ資格を取れるから、とりあえず保健師を取っておく」といった軽い気持ちで保健師を取得していました。

新卒で保健師として就職する方はいますか?

新卒でも保健師の新卒求人はあります。私の周りでは、新卒の方の場合、市役所などの行政保健師を目指している方が数名いました。

採用枠は少ないので、受かった方はそのまま保健師の道へ行きましたし、落ちた方は看護師として総合病院へ就職しました。保健師になりたい方であれば、求人自体が看護師より少ないので、新卒の時から積極的に保健師系の就職活動をした方が良いと思います。

保健師から看護師へ転職する方はいますか?

保健師と看護師の仕事内容は全く別物です。保健師の道に進んだ方は大体そのまま保健師の道を行きます。保健師から看護師へ転職される方は少数派です

私の知り合いは、保健センターに就職して、その結婚と引越しをきっかけに退職、引越し先で保健師の仕事が見つからなかった為、看護師として病院へ就職しました。しかし、看護師としての勤務経験がなかったので、新人時代はかなり苦労していたようです。

保健師よりも看護師の方が必要なスキルが幅広く、両方の仕事に活かせる事もあります。新人の時に厳しく指導される傾向が強いのも看護師です。

その為、保健師へのこだわりが無ければ、まずは看護師の仕事から先に始めた方が、将来転職をする時には、看護師と保健師の双方で検討しやすいメリットがあります。

将来、看護師から保健師へ転職する事を考えていますか?

今は看護師の仕事を続けるつもりですが、将来的には保健師の仕事も含めて転職を考えると思います。企業保健師や学校保健師は現場に保健師が1人しか配置されないので、未経験者よりも、病院で経験を積んだ元看護師の方が採用されやすいです

周りの先輩を見ている感じでは、保健師の資格を持っていても、看護師として突き進んでいる方がたくさんいます。ベテラン看護師よりも、大学4年生の時に保健師の試験に落ちて、そこから1〜2年して保健師に受かった方が、資格取得をきっかけに若いうちから病院を退職して保健師へ転職するケースが多いように感じます。

これから保健師を目指す方に一言お願いします

現在、看護師を目指す方は大学への進学が主流です。助産師や救急救命士などへのこだわりがなければ、保健師を選んだ方が無難ですし、緩い仕事がたくさんあります。

最近では、看護師転職サイトや、エージェントのサービスが増えた事で企業ナースなど、保健師の求人を見つけやすくなりました。

まとめ

  • 保健師は「行政保健師」、「産業保健師」、「学校保健師」の3種類の職種がある
  • 保健師の仕事は保健所や役所での検診や、予防接種と企業や学校の医務室や保健室勤務などがある。
  • 給料は看護師と大差はないが、残業や夜勤がない堅い仕事が多い
  • 保健師を目指すのではなく、「大学へ進学したから、とりあえず保健師を取っておく」といった気持ちで資格取得する方が多い
  • 保健師の仕事は、年齢に関係なく未経験でも採用してもらえる。ただし、企業ナースや学校勤務は看護師の実務経験を優遇される傾向がある。

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。