当サイト人気NO1の看護師転職サイト

ナースフルは転職求人サイト大手の、リクルートが運営している看護師専門の転職支援サイトです。一般の求人サポート事業のノウハウを取り入れていて、サービス品質が高いのが特徴です。

求人数だけを見れば、他の大手サイトに劣る部分もありますが、キャリアアドバイザーの営業力が売りで、高待遇の非公開求人を多数用意しています。

登録者1人1人へのサポートが充実していて、登録後に他社と比較して最終的にナースフルを利用して転職を決める方の比率が高いです。

>>ナースフルの詳細はこちらから

保健師の仕事には、「行政保健師」、「産業保健師」、「学校保健師」の3種類があります。
ここでは学校保健になるための方法や、仕事の特徴を紹介します。

学校保健師とは

学校保健師は、主に学校の保健室で、生徒や学校職員の怪我・病気の応急処置や、保健分野の指導を行います。分かりやすく言えば「保健室の先生」で、業界用語では「養護教論」と呼びます。

養護教諭は、教諭と異なり、通常業務は保健室の在駐で日常的には授業を行いません。しかし、学級担任や保健体育科の教科担任などとの相談や協力のもと、年に数回程度のペースで健康教育や性教育などの保健指導を行うことがあります。

学校で教論として勤めるので、看護師、保健師の資格ではなく、「養護教論の免許状(教員免許)」が必要です。

学校保健師になるには

学校保健師になるには、養護教論の免許状が必要です。
養護教論の免許上の取得方法について紹介します。

教員免許は3種類がある

養護教員になるための資格には、次の3種類があります。

  • 専修免許状(大学院を修了)
  • 一種免許状(大学を卒業)
  • 二種免許状(短期大学を卒業)

特に、それぞれの免許で可能な業務の制限などはありません。勤務先によっては、取得免許に応じて給料や昇給に差がでたり、出世で一種や専修を持っていると有利になる場合があります。

私立の学校では、一種免許以上の資格保有者を優遇している事もあります。

養護教員の免許状は、看護師や保健師の資格がなくても取得できる

「保健室の先生=保健師」と勘違いされる事もありますが、養護教論は看護師免許と保健師の資格がなくても、養護教員の免許状だけでなる事ができます。

専修免許状と一種免許状に関しては、大学の教育学部をはじめ、看護学部以外からでも目指す事ができます。一種免許は取得に必要な単位が多いため、看護師免許と養護教論一種免許のダブル取得はハードルが高いです。

一部の看護大学では、看護師免許、保健師、養護教論一種免許のトリプル取得を可能にしている事例もありますが、在学中に成績がトップクラスでないと学校側がトリプル取得を認めてくれません。

看護師や保健師から、養護教論を目指す方で多いのが二種免許状です。二種免許状は、大学・短大の看護学部で所定の科目を4科目8単位履修し、かつ保健師の免許を取得すれば取得できます。

看護大学や看護学校では、看護師免許は取れても、養護教論を取得できるコースを用意していない事もあります。養護教論の免許を取りたい時は、あらかじめ資格取得できる学校を選ぶ必要があります

養護教論二種免許は取得のハードルが高くなった

本来、養護教論二種免許を取得するには、所定の4科目8単位を履修する事が条件ですが、以前は免許申請時に単位修得証明書や学力に関する証明書が必須ではありませんでした。

そのため、一昔前は必要な単位を取得していなくても、保健師の資格があれば申請するだけで養護教論二種免許を交付されていた実態がありました。

しかし、これは当然ルール違反で、文化科学省が法令を遵守するように指導した事がきっかけで、現在では必要な単位を取得していない保健師は養護教論二種免許を取得できなくなりました。

一度看護師・保健師として働いてから学校保健師(養護教論)を目指す

養護教論の免許を持っていなくても、学校保健師を諦める必要はありません。近年では、一度病院や保健所などに就職してから、保健室の先生を目指して、仕事を辞めて養護教論を取得する事例も増えています

看護師免許や保健師の資格があれば、養護教論免許の取得は簡略化されています。
看護大学や短大、専門学校で養護教論を取得していない方が、養護教論免許を取るには、次の方法があります。

  • 看護師の免許もしくは保健師の資格取得後、養護教諭養成施設で半年以上学び一種免許を取得する
  • 保健師の資格を取得し、再度短大か大学へ通い、教育職員免許法で定められた単位を修得し二種免許を取得する
  • 二種免許を取得し、養護教論として3年以上の経験を積んだあとに、通信制大学などで、都道府県教育委員会から指定された10科目、20単位を修得し一種免許を取得する
  • 臨時免許証を取得した後、一定の経験を積み、所定の教育を受けて二種免許を取得する

次の項目でも紹介しますが、養護教論は資格だけ取得しても、都道府県の教員採用試験に合格しないと、公立高校で勤務する事ができません。

そのため、臨時免許を経て二種免許取得を目指すには、私立の学校で特別なコネクションなどがないと難しいです。

養護教論は資格取得よりも、職員採用試験の方が難しい

養護教論は免許を取得しても、都道府県で実施する教員採用試験に合格しないと、公立学校で正職員として勤務する事はできません。私立の学校も、同様に狭き門の採用試験を突破する必要があります。

都道府県の養護教員採用試験の倍率は平成26年で8.2倍と高く、平成17年には倍率が10倍を超えた事もあります。一般の教員に比べて養護教論は採用枠が少ない為、教員採用試験の倍率よりも高い傾向があります。

都道府県の教員採用試験では、全体の約65%が新卒者以外のデータが出ています。つまり、新卒で受かった方よりも、一度病院や保健所で勤務した経験を経て合格した方が多い傾向があります。

学校保健師を目指すには、一度教員採用試験に落ちても、諦めずに働きながら目指す事が大切です。

学校保健師の仕事内容

一般的な養護教論の、保健室の先生として働く時の仕事内容と、一日の流れを紹介します。

朝の欠席者確認

出勤したら、まずは保健室ではなくて職員室へ行き、担任の教員から生徒の欠席状況を確認します。欠席の理由なども確認し、流行している風邪などがないか確認し、欠席が長引いている生徒の情報を把握します。

空いている時間は事務作業

学校が始まって間もない時間の保健室は、生徒の対応が少ない時間帯です。保健室の先生は事務作業も多いので、空いた時間は自分の事務作業を進めます。特に健康診断や宿泊行事の前になると、必要な事務作業が多くなります。

電話相談

最近では、保護者から保健室の先生宛に電話がかかってくる事が増えています。電話で生徒の健康状態や、普段の生活のアドバイスから、子育ての愚痴など様々な相談を行うのも、保健室の先生の役割です。

保護者から要望があった時は、独断で判断せずに担任の先生や、校長や教頭などの管理職に相談する事が大切です。

休み時間は生徒対応に追われる

保健室で一番忙しいのが休み時間です。絆創膏を貼るだけの処置もあれば、発熱など感染リスクがある子供の対応をする事もあります。なかには、体育を休むためや早退するために仮病を使ってくる生徒などもいます。

休み時間の中でも昼休みは、食事中に体調を訴える生徒や、昼食後の自由時間中の怪我など最も保健室が忙しくなる時間です。保健室で対応しきれない時は、担任や保護者と相談の上、病院への受診に同行する事もあります。

放課後も油断はできない

学校の授業が終わってからも、保健室は油断できない時間帯です。小学校であれば、授業が終わってから校庭で遊ぶ子供もいますし、中学・高校では部活動もあります。

怪我や体調不良で放課後に保健室を訪れる生徒の対応が必要になります。

打ち合わせや、職員会議

生徒の授業が終わったら、担任教師との報告、連絡、相談や、職員会議の出席が必要な事もあります。学校保健師は、他の教員と情報を共有するなど、コミュニケーションを取る事がとても大切です。

職員室日誌の記入

1日の仕事が終わったら、最後に職員室日誌の記入を行います。その日の欠席者、早退者、保健室を訪れた人数とその理由、保健室へ来た生徒の記録などを毎日日誌につけます。

日誌をしっかり付ける事で、学校全体の健康状態を把握します。

求められる能力が多様化する学校保健師

最近の子供は、アレルギー疾患、視力の低下、肥満が増加傾向にあります。保健室の先生は、生徒が健康であるように正しく保健指導する事が求められます。

また、モンスターペアレンツなどと呼ばれる、すぐに学校へ連絡してくる保護者も増えています。なかには、絆創膏の貼り方が悪かったり、保健室へ相談した時の対処が悪いなど、些細な事でクレームが入る事もあります。

さらに、学校ではイジメや不登校、精神的ストレスなど様々な問題を抱えている生徒がいて、近年では保健室登校する生徒も増えています。そのため保健室の先生は、生徒のメンタルケアも大切な仕事です。

このように、保健室の先生は、怪我の応急処置などの通常業務だけではなく、近年の子供の傾向を理解し、幅広い分野で高い能力を求められるようになりました。

まとめ

  • 学校保健師は、養護教論の免許が必要
  • 養護教論の免許は3種類ある
  • 養護教論の免許状を取得しても、職員採用試験に合格しないと学校保健師にはなれない
  • 養護教論は保健師の資格がなくてもなれる
  • 保健室での仕事は、近年求められる能力が変わってきた

転職看護師が利用している求人サイト

マイナビ看護師は、看護師以外の就職紹介サービスでも有名なマイナビが運営する、看護師専門の転職サイトです。

マイナビのネットワークと営業力を活かして、全国の病院や看護師が働く施設に足を運んで営業活動をしています。そのため、扱っている求人の職種が豊富で、条件交渉も得意にしています。

転職支援業界の大手だけあって、スタッフへの教育もしっかりしていて、キャリアコンサルタントのサービス品質も高いです。

マイナビでは、利用した看護師の定着率を重視した取り組みを行っているので、求人数だけで勝負するのではなく、看護師1人1人が長く働ける職場探しを売りにしています。

求人数が豊富にも関わらず、条件が悪い求人は掲載しないなど、質にもこだわっています。